シックなおしゃれで大人顔負け!イギリス子供服の日本未上陸ブランド~その3~

 

 

こんにちは。輸入子供服MICHELLのみなみです。

第1弾、第2弾としてお届けしてきた日本未上陸のイギリス子供服ブランド、今回は第3弾をお届けします♡

↓第1弾、第2弾はこちら♪

今すぐイギリスに飛んでいきたくなる♡イギリス子供服の日本未上陸ブランド~その1~

2017.03.31

英国王室御用達は王道の可愛さ♡イギリス子供服の日本未上陸ブランド~その2~

2017.05.08

 

 

こんな風に分類してました

 

沢山ご紹介したいイギリスの子供服ブランド♡あまりにも多くなってしまったので、第1弾の時にこんな風にジャンル分けしたのでした。

 

イギリス子供服を個人的な主観で大きく3つに分類してみると・・・

  1. THE☆子供服なポップな色使いのブランド
  2. 昔ながらのクラシックなデザインで時代を経て愛されるブランド
  3. 大人顔負けのおしゃれ上級者御用達ブランド

こんな感じの印象です。

 

今回は第3弾ということで大人顔負けのおしゃれ上級者御用達ブランドを4つセレクト。既に日本に上陸しているイギリスブランドだとCaramelのイメージです。くすみのある色合いだったり、デザイン性のあるお洋服だったり。

こんなブランドあるんだ~という参考になれば幸いです♡

 

おしゃれ上級者のイギリスブランド4選

 

今回ご紹介するのはこの4つのブランドです。

  1. HuckLebones(ハックルボーンズ)
  2. Wild&Gorgeous(ワイルドアンドゴージャス)
  3. Joules(ジュールズ)
  4. Olivier Baby&Kids(オリビアベイビーアンドキッズ)

 

HuckLebones(ハックルボーンズ)

http://www.hucklebones.co.uk/shop/

 

大人顔負けのデザインドレスが並ぶHucklebonesは世界のセレクトショップで扱われているラグジュアリーでエレガンスなブランド。3か月~12歳までの女の子のお洋服を取り扱っています。

ロンドンを始めとしたヨーロッパでセレクトされた生地はなんともスタイリッシュ。今季は大きなリボンとスカラップが特徴です。

 

 

大人のお洋服としても遜色ないデザインや色使いですよね。

 

 

このコートなんて、単体の画像だと子供服だなんて思えません♡

 

 

着用した画像だとこんな感じ。絶妙な色合いが品の良さを醸し出します。シルエットも綺麗。

 

お値段は少しお高め、、といってもワンピースで1万5千円ほど。お出かけや発表会など、特別な日にぜひ選びたい1枚です。我が家はお行儀よくできるようになったらかな。

 

Wild&Gorgeous(ワイルドアンドゴージャス)

http://www.wildandgorgeous.co.uk/

 

Wild&Gorgeousは2016年に設立されたまだ新しいブランド。スタイリッシュな中にどこかレトロな雰囲気を残したお洋服が印象的。色合いも少し落ち着いたものや、さらっとで着られるようなものが多いです。

 

 

デニム風のワンピースがお洒落。今季のテーマの1つがCherry。さくらんぼモチーフのお洋服がたくさんありました♪

 

 

男の子のお洋服も色味が抑えてあるので大人っぽい感じ。モデルの男の子、かっこいいなあ~笑

 

Joules(ジュールズ)

https://www.joules.com/

 

2017/5現在、なぜかお洋服の画像が私のパソコンからすごく重たくて見えにくいjoules。

joulesはBodenと同じように、Babyから大人のお洋服まで揃った家族皆で着られるブランドです。ポップな色使いのBodenと比べると少し落ち着いた色合いが多いjoules。デザイン自体は可愛らしくても、色合いがシックなのでお洒落上級者な雰囲気に。

 

お写真紹介できないのが残念なのですが、womanとgirlsでは似たような花柄のワンピースがあったり、リンクコーデにも便利そう♪男の子のお洋服も落ち着いた色合いなのに遊び心があるデザインです。

 

Olivier Baby&Kids(オリビアベイビーアンドキッズ)

http://www.olivierbaby.com/

 

当店で2017AWから取扱い予定のOlivier baby & kids。カシミアとリバティが特徴のオリビアは子どもしか着られないデザインなのに、お洒落度抜群なんです!

オリビアといえば、、、上の写真でも写っている後ろが★マークのカシミア100%カーディガン。ブルーをジョージ王子が着用し、一躍有名になりました。無地のバージョンをシャーロット王女も着用しています。

 

そんなオリビアの夏のコーディネートからこちらの1枚。

 

丸襟のブラウスにジャンパースカート、大きなリボン。子どもらしい要素満載なのに、どこかおしゃまでお洒落な女の子の雰囲気がしませんか?それはおそらく、オリビアの色使いにあります。

 

オリビアのお洋服はニュアンスカラーのお洋服がほとんど。リバティのセレクトもパッと目を引く色より、ニュアンスカラーで全体をなじませるような色が多い気がします。

そんなオリビアのセレクトするリバティとカシミアニットの相性は抜群!

 

今回は特別に2017AWのお写真から♡

 

 

こちらはおそろいのカシミアボンネットとコートにリバティMeadowSweetの丸襟をあわせて。MeadowSweetは残念ながら2017SSの商品なのですが、秋冬も可愛い丸襟ブラウスが沢山あるんです♡楽しみにしていてくださいね。

 

 

男の子のお洋服ももちろんご用意があります。ニット帽にリバティのシャツを合わせると…♥ブラウンとグリーンってこんなに相性いいんですね!

 

お写真はBaby中心になってしまいましたが、大きいサイズももちろんご用意予定です。兄弟、姉妹でおそろいにしても素敵で上品にまとまります。

なんといっても上質なカシミアカーディガンは持っておいて損のない1枚。どんなお洋服にもあわせやすく、ぜひ手に取っていただけたら嬉しいなと思います。

 

まとめ

 

今回は第3弾ということで大人顔負けのおしゃれ上級者御用達ブランドをセレクトしてみましたが、いかがでしたでしょうか。このシリーズでは、日本未上陸のブランドとはいえ、イギリスのメジャーどころのブランドをセレクトしてみました。

 

こんなブランド知らなかった!ここのお洋服可愛いな~。ちょっとイギリス子供服に興味を持ったからショップを覗いてみよう♪

少しでもそんな気持ちになっていただけたら嬉しいです。

 

これからも、今回は紹介できなかったイギリス子供服ブランドやその他の国の子供服ブランド、大きいブランドから小さいブランドまでご紹介できたらな、と考えております。

またぜひ覗いてくださいね。