コスパ抜群★ユニクロと3coinsのマタニティアイテムってどうなの!?

 

こんにちは♡

輸入子供服MICHELLのみなみです。

 

本日は妊娠中の方ならチェックしておきたい!ユニクロと3coinsのマタニティアイテムについてレポート。ぜひ、購入の参考にしてくださいね。

 

最近マタニティウェアが手に入りやすくなっている!

 

私が初めて出産したのは2015年。そこからわずかの間ではありますが、今、マタニティウェアがぐっと身近になってきたのを感じます。

その要因が今回取り上げるユニクロ、そして3coinsがマタニティアイテムを扱い始めたこと。

(ユニクロは2017年~、3coinsは2016年~)

 

私が長女を出産した時、マタニティウェアを身近な実店舗で買うのであれば無印良品かデパートのマタニティ売り場、少し足を伸ばして赤ちゃん本舗や西松屋を見るしかなかったんです。

とはいえ、デザインもお値段も満足するマタニティウェアがなかなか見つからなかったんですよね。。

 

そんな風に思っていた時、第2子の妊娠が発覚!

しかも長女の妊娠中とは季節が全く異なるので、新たにマタニティウェアが必要・・・

それならば実際に買って試してみるしかない!ということに。

というわけで、早速買ってきました♡

 

 

ところで、マタニティウェアって必要?

 

妊娠中の方なら誰もが思う疑問、、マタニティウェアって必要なの?

妊娠期間は10ヶ月とはいえ、おおよそマタニティウェアが必要になるのはその半分の期間ほど。

その短い期間のためのお洋服を買うのもなあ…と思うのも当然ですよね。

 

私の答えはズバリ、買うことをオススメします。特にボトムス。

以前こちらの記事でも書きましたが、体の楽さが違います。マタニティウェアを着ると、いかに普段、締めつけられているかを実感したり…。

トップスやワンピースは通常のものでもデザイン次第で乗り切れますが、ボトムスや冬のタイツ・アンダーウェアは買って損なしです。

 

今回私が買い足したのはこの3アイテム。

  1. マタニティウルトラストレッチジーンズ+:左
  2. 綿混マタニティタイツリブ(チャコール):右上
  3. 綿混マタニティハラマキパンツ:右下

 

いずれもお買い得なアイテムたちです。でもやっぱり使用感も大切ですよね。

というわけで、使ってみての感想をレポートします♡

 

売り切れ続出!ユニクロのマタニティデニム

 

販売開始時、大きな話題になったユニクロのマタニティアイテム取扱い。まさに皆が待っていた!という感じでした。

マタニティアイテムでなくとも、妊娠・授乳時にブラトップにお世話になったママは多いのではないでしょうか。

 

今回私が購入したのはマタニティウルトラストレッチジーンズ+

お値段は3,990円+税。他のマタニティブランドでは5~6千円が中心価格帯の中、お得なお値段です。

最初店舗に観に行った時、どのデニムもサイズがXLしか残っていない!

店員さんに聞くと、「入荷してもしてもすぐ出て行っちゃうんです」との事。

ラッキーなことに希望のサイズが倉庫に残っていることがわかり、奥から出してきていただいて無事購入できました。

 

履き心地が知りたい!

 

履いて何回か外出等してみたところで、いいところ、イマイチなところそれぞれあったので記載します。

 

◯いいところ

・履き心地

履いた瞬間、え、デニム?というストレッチ!お腹が大きくても生地が伸びるので履くのが全く苦ではありません。

・シルエット

スキニーなので足にピタッと吸い付く感じ。

以前別ブランドのマタニティデニムではなんだか野暮ったくなってしまったのですが、ユニクロのものは綺麗なシルエット。言われないとマタニティデニムだとはわからないのではないでしょうか。

 

×イマイチなところ

・腰部分の素材

マタニティウェアのボトムスって腰回りは全てゴムになっているものがほとんどかと思います。

しかし、ユニクロのデニムはこのように腰の背中にあたる部分はズボンと同じデニム素材なんです。

見た目はカッコよくて良いのですが、腰回りのホールド力が落ちて、歩き続けるとズボンが下がってくるんですよね…。ゆとりのあるマタニティ用の下着がもたつき、着心地もダウン。

まだ現時点ではお腹があまり大きくないのもあり、妊娠後期になったら違うかもしれませんが、ウエスト部分のゴムをキツくしても落ちてきたので、これはデザイン上しょうがないのかな、と。

このため、たまにズボンを引き上げないといけません。

サイズや体型によっても異なると思いますのでご参考まで。

またお腹が大きくなってきたら使用感を報告します。

 

3coinsのマタニティアイテムはもちろん全て300円!

 

3coinsでマタニティアイテムが手に入るなんて!と感動したのは私だけではないはず。2017年冬現在、9アイテム(全11種)が展開されているそう。

この中からまずは綿混マタニティタイツリブ(チャコール)綿混マタニティハラマキパンツを購入してみました。

 

☆綿混マタニティタイツリブ(チャコール)

 

タイツはリブタイプを。私の買ったお店ではリブタイプが人気のようでチャコール(グレー)は最後の1点でした。

レジのお兄さんにサイズの確認をされたけれど、マタニティアイテムはM〜Lのワンサイズ展開です。(思わず他のサイズあったっけ?と確認しにいった)

履いた感じは腰回り以外は普通のタイツと変わらず暖かい♡足部分は緩すぎず、ちょうどいいホールド力です。

逆に腰回りはゆとりのあるマタニティ仕様。お腹が守られている安心感があります。。

普通のタイツでもある程度伸びはありますが、少しでも快適に過ごしたいマタニティライフ。300円でこれは買うべき!アイテムだと思います。

 

履くとこんな感じ

 

☆綿混マタニティハラマキパンツ

 

私、学生の時からスカートの時はスパッツを履かないとスースーして心配になるタイプ。

なので寒さ対策もかね、このハラマキパンツは即買いでした!

裏起毛タイプもあったけれど、暖かすぎる気もしたのでこちらの綿混タイプを購入。

履き心地は伸びもよく、暖かく、これこそ求めていたスパッツ笑

あえて気になった点を上げるのであれば、1分丈のホールド部分の締め付けが履いた時少し強いこと。ただ、履いてすぐの時に気になっただけで、履き続けていると気にならなくなりました。

これで300円は嬉しすぎる!もう少し寒くなったら買い足すかもしれません。

 

無理せず快適なマタニティライフを送ろう♡

長いようであっという間のマタニティライフ。

どうしても満喫したい!となりますが、油断は禁物。

いつもと違う体調に気を付けながら少しでも快適に過ごすため、マタニティウェアを活用していきましょう♪

 

王室も愛用中と海外のマタニティブランドと日本のマタニティブランドをご紹介↓

ついにユニクロも参入!知っておきたい日本と海外のマタニティウェアブランド7選★

2017.09.04

 

以上、みなみでした。