6種類徹底比較★最高級オムツ、ネピア・Whito(ホワイト)3時間用を使ってみました

 

こんにちは、輸入子供服MICHELLのみなみです。

以前から愛用しているネピア・Whito(ホワイト)のオムツ。既にLサイズを使っていた長女は12時間用を主に夜、履いていました。

今回、次女が産まれたのを機に、早速新生児用の3時間タイプを購入!いまや最高級オムツとの声もあるWhito。他のオムツと比較しながら、その使い心地をレポートします。多種多様なオムツがある中、オムツ選びの参考になれば幸いです♡

 

ネピア・Whito(ホワイト)ってどんなオムツ?

http://whito.jp/

ティッシュやトイレットペーパーでお馴染み、ネピアから出たオムツの新商品Whito(ホワイト)。2017年には日経優秀製品・サービス賞2017やペアレンティングアワードでそれぞれ賞を受賞するなど、ネピア史上最高のオムツとして話題になっているんです。

画期的なのは3時間用と12時間用という2つのタイプが用意されていること、

そして、吸収部分に独自のキルティング素材を使用していることでしょうか。

 

我が家でも長女の夜用に12時間タイプを使用しており、その機能性は実感済み。おむつを触った時の柔らかさや通気性は抜群です。

その時の記事はこちら↓

夜用オムツにも!ネピアWhito(ホワイト)12時間タイプを使ってみました

2017.12.04

そんなわけで3時間用にも期待しており、2人目が生まれたときに3時間タイプを使うのを楽しみにしていました。

 

 

スポンサードリンク

徹底比較!他のオムツと比べてどう?

今回の出産にあたり、使用したのはメリーズパンパース(はじめての肌への一番・さらさらケア)ムーニー(ナチュラルムーニー・通常版)に加えてWhito計6種類!

Whitoを中心に比較してみました。

 

①見た目

新生児用のWhitoはピンクのうさぎさんがトレードマーク。うんうん、可愛いです。我が家は女の子なので気にならないのですが、男の子ママ的にはどうなんでしょう?(Sサイズはブルーのようです。個人的には女の子でブルーでも気にならないので、男の子ママも気にならないかな・・・)

そして見た目の面で一番大事なのが、おしっこラインの見えやすさ!長女の時にはずっとメリーズを使ってきたので、とてもおしっこラインが見えやすかった(それが当たり前だと思っていた)のですが、今回色々なオムツを試してみて、このラインが見えにくいオムツがあることに驚きました。

おしっこラインの見えやすさを分別してみたのが下記です。

 

★おしっこラインの見えやすさ

見えやすい ×見えにくい
Whito

メリーズ

パンパース・はじめての肌への一番

パンパース・さらさらケア

ムーニー

ナチュラルムーニー

結論から言えば、腰回りのみに柄があるものは見えやすい、全面柄のものは見えにくい、という結果でしょうか。Whitoはこのおしっこラインがとてもわかりやすいので、便利でした♡

 

②さわり心地

これはダントツにWhitoです。おむつってこんなさわり心地なんだ、というのを覆されるというか、他のオムツとは全く異なるしっとりとした肌触り。サイトでは”シルクのような肌触り”と表現していましたが、過言ではありません。ずっとナデナデしていたくなります(笑)

12時間タイプより3時間タイプの方がよりこの肌触りの良さを感じました。

基本的にどのオムツも快適なのですが、あえて比較するのであれば、こんな感じ。

Whito>はじめての肌への一番>メリーズ=ムーニー=ナチュラルムーニー>さらさらケア

やはり高級なオムツは肌触りにも力を入れてるなあ、という印象です。

 

③フィット感

これもWhitoが抜群でした。というのも、ギャザーの伸びがとにかく良く、おしりにフィットする感じが素人の私でも感じられる程。今までギャザーといえば腰回りのテープ部分、横のギャザーしか意識していませんでしたが、Whitoは縦の太もも回りのギャザーもしっかり伸びてくれる印象です。それゆえ、隙間ができることもなく漏れにくいというワケ。

個人的意見ではありますが、フィット感を比較するのであれば以下でしょうか。

Whito>ムーニー=ナチュラルムーニー>はじめての肌への一番=メリーズ>さらさらケア

 

もう1つ、Whitoの特記すべきはポイントは軽さ!娘のおむつ替えをしてくれた私の母も、Whitoを手にした時まず「これ、軽くない?」といった程。他のどのオムツよりも軽くて驚きました。

 

④お値段

さて、ここまでWhitoあげあげの記事になってしまいましたが、言及しておかなければならないのがお値段です。毎日何枚も使うオムツ。特に新生児用は1日10枚以上、時には20枚近く使うこともありますよね。といったらやはりお値段は気になるところ。

今回は1枚あたりの値段で比べてみました。

 

★Whito ・・・ 20.3円

メリーズ ・・・ 16.6円

パンパース・さらさらケア ・・・ 13.8円

★パンパース・はじめての肌への一番 ・・・ 18.7円

ムーニー ・・・ 13.3円

★ナチュラルムーニー ・・・ 22.1円

※18’/6 amazon調べ 新生児用1パックの売値から1枚の値段を算出、クーポンや定期便の割引は未適用。

1枚当たりの値段順

ナチュラルムーニー>Whito>はじめての肌への一番>メリーズ>さらさらケア>ムーニー

★マークが高級ラインとして売り出しているオムツ。やはり、通常ラインのものと比べるとWhitoも割高です。

高級なものはそれに見合う機能性や使い心地を感じられますが、かといって通常ラインのものも十分な使い心地。色々試してみて、自分が納得できるオムツを選びたいですね。

 

改善してほしいところ

基本的に大満足のWhitoですが、改善してほしいポイントも2点ほどありました。

 

①前後ろがわかりにくい

下の写真はムーニーを開いた写真。このように、今まで使ってきたオムツは全てテープ部分(後ろ側)に色がついていました。つまり、後ろ側が色つき、フロント部分である前側は白かったんです。

が!Whitoはなぜかテープ部分が白でフロント部分に色がついているんですよね。他のオムツと逆なんです。

なので、慣れるまでは無意識に手に取ると必ず前後を間違えてしまって…。些細なことですが、一度おしりの下におむつをセットした後に気づくと「あ”ぁっ」となります。ご注意を。

 

②テープがはがしにくい

しっかり作られているがゆえなのか?すごくテープがはがしにくいです。おそらくつまみの部分が他のオムツより小さいように思います。それゆえ、さっとテープがはがせなかったり、はがすときに折れ曲がって中についてしまったりします。

あとテープが白だから見えにくい…。これさえなければ文句なしなのですが、オムツ替えの時の大事なポイントなので改善しないかなあと思っております。

 

どこで買えるの?

Whitoはどこでも売っているわけではなく、基本的にはネット販売のみ。それもブランディングのために販売店も限られているんだとか。

当初は7ネットや楽天でも2店舗程しか扱っていなかったのですが、最近LOHACOやamazonでも販売が開始されたんです!これで普段ネットショッピングする方なら何かしら使うサービスでWhitoが購入できるようになりました。

amazonプライム会員の私としても嬉しい限り!amazonならクーポンがあったり、定期おトク便があったりと更にプライスダウンする仕組みもあるので、更にお得に購入することが可能です★

使ってわかった★子育て世代にamazonファミリーが便利なワケ

2017.10.31

 

スポンサードリンク

1度使ったらやみつきに!使い続けたいオムツです。

値段が少し高めでも、テープがはがしにくかろうと、そのさわり心地や使い心地は抜群どのオムツがおすすめ?と聞かれたら、自信をもって「Whito、いいよ」と薦めたい!

この後サイズアップしても使い続けようと思います。

日々進化しているオムツ。これからもどんな新商品が出てくるのか楽しみです。

以上、みなみでした。