【子連れディズニー】アンバサダーホテル・ミニーマウスルームに泊まってきました【0歳・2歳】

 

先日、近くに行く機会があったので、アンバサダーホテルのミニーマウスルームに宿泊してきました。

盛夏かつ次女は小さいこともあり、ランドやシーといったパークには行かず宿泊のみ。

しかし!十分に楽しむことが出来ました♡

 

やはりディズニーの力は偉大です・・・!

 

今回は子連れ宿泊目線でアンバサダーホテル、そしてミニーマウスルームをレポートしたいと思います♡

 

チェックインはアンバサダーラウンジで

 

アンバサダーホテルの中でも、ミッキーマウスルーム・ミニーマウスルーム、そしてスイートルームはアンバサダーフロアに属し、専用のラウンジが使用できます。

チェックインの手続きも1階のロビーではなく、ここで。

 

ディズニーホテルはどのホテルでもロビーにディズニーのアニメが流れており、子どもが退屈しない工夫がされていますが、ここラウンジでもアニメは流れています。

加えて、飲み物やお菓子(チョコレート・マシュマロ・ラムネ)も用意されていたり、絵本もあったりとチェックインの待ち時間でも子どもが飽きることなく過ごすことが可能です。

 

私の宿泊時は残念ながら休止中でしたが、パークの夜の花火もラウンジから見ることができるんだとか!

夜はカクテルの提供がある他、お部屋にドリンクを持ち帰ることもできます。

 

 

スポンサードリンク

部屋はミニーちゃんでいっぱい!

 

チェックインが終わったら早速部屋へ。

絨毯や壁紙、ベッドなどなど部屋はミニーちゃんでいっぱい!

娘と共に私のテンションもあがります。笑

 

一番に目に飛び込んでくるとっても可愛いベッド。

今回は使用していませんが、もう1つ収納式のトランドルベッドもあります。

奥に寝ているのは次女・・・

 

 

お風呂やトイレの入り口もミニーちゃん♡

ディズニーホテルのいいところは浴槽が独立しており、洗い場も広いところ。

2歳の長女はともかく、腰が据わっていない次女は洗い場で洗った方が断然楽です。

オフィシャルホテルにはお風呂が独立していて洗い場がある部屋は少ないので、ここは嬉しいポイント。

湯船にゆっくりつかれるか否かで疲れのとれ具合も違ってくる気がします。

 

ただ、難点は温度調節がしにくいところ。

子連れの場合は最初に大人が入って温度を確認するのが良さそうです。

 

 

ランプにもミニーちゃんのリボンが♡

細かいところまで世界観を感じられるところが良いですね。

 

部屋の広さは38~45m²とのことですが、かなり広く感じ、4人家族には十分。

部屋からの景色の写真はうまく写真が取れずないのですが・・・

下にはホテルのプールが、そして遠くには綺麗にディズニーシーのプロメテウス火山とホテルハイタワーが見える素敵なお部屋でした。

 

アメニティもミニーちゃんです

 

ディズニーホテルといえば可愛いアメニティ!

アンバサダーホテルのキャラクタールームに宿泊するとその部屋毎の可愛いキャラクターポーチがついてきます(奥のミニーちゃんのシルエットポーチです)。

これがふかふかしていてとっても使いやすそう!

ちょうど旅行用のポーチが欲しかったので、これから使おうっと。

 

娘が並べているのがシャンプー・コンディショナー・バスジェルです。

今は35周年仕様のデザイン。ミラコスタと比べるとポップなデザインで可愛い~!

歯ブラシは大人用だけでなく、子ども用の用意もありました

 

ちなみにポーチとコップ、シャンプーなどのアメニティはベッドの数分いただけます。

今回はトランドルベッド合わせて3つあるので3人分!

キャストの方に提案していただいたので、喜んでいただいてしまいました♡

 

特典は要チェック★

 

アンバサダーフロア宿泊者にはラウンジでの朝食バイキングがセットでついてきます。

アンバサダーホテルのラウンジは1Fロビーの庭園側。

奥まった部屋にあるミラコスタのラウンジと比べるとかなりガヤガヤしていますが、子連れにはいいのかな。

子ども用のエプロンも用意がありました。

 

バイキングのメニューは・・・ちょっと物足りないです。

特に温かいメニューが少ないなあと感じました。

特典だからしょうがないか。

 

とはいえ、子どもの食べられるものは一通り揃っています。

長女はクロワッサンに夢中でした。

 

その他、忘れてはいけないのがホテル宿泊者の予約特典です。

特典は沢山ありますが・・・押さえておきたいのはやはりレストラン!

 

通常ではほぼ予約が取れない状態になっているホテル内にあるレストラン・シェフミッキーをはじめ、ディズニーホテルのレストランやランド・シー内にあるレストランには宿泊者用の予約枠が用意されています。

通常のページからだと予約いっぱいでも、宿泊者のページからだとまだ空席があることも。

人気のキャラクターとグリーティングがあるレストランやショーレストランは、宿泊するからにはぜひチェックしておきたいところです。

 

私の理想のプランはシェフミッキーとの組み合わせ。

パークに行かなくても、ミッキーやミニーといったキャラクターに会えるなんて贅沢な過ごし方ですよね。

また、ランドやシーに行かなくても、アンバサダーホテルでのチェックアウト後、ミラコスタのレストランへシーの景色を楽しみに行く、という過ごし方もいいかも♡

 

今回我が家は予約したのが宿泊の5日前だったこともあり、ちょうど良い時間は残念ながら満席。きちんと計画的に予約しておけば、この特典を使わない手はありません!

 

 

子連れでチェックしておきたいポイント

 

この他にも子連れでの宿泊でチェックしておきたい点をピックアップしてみました。

 

子どものパジャマは別途お願いして

 

大人用のパジャマは部屋にセットされていますが、子ども用パジャマは別途当日チェックイン時にキャストの方にお願いしないといけません。

サイズ的には1歳~という感じでしょうか。

0歳のお子様には少し大きそうなので、別途持っていくのがおすすめ。

柔らかなタオル地のパジャマは水色のラインがポイントになり、シンプルながらとても可愛かったです♡

 

Sサイズ(身長100cm以下)
Mサイズ(身長100~120cm)
Lサイズ(身長120~140cm)

 

ベビーベッドやベッドガードもお願いできます

 

ベッドガードは各部屋に1つ備え付けがありますが、お願いし、かつ余りがある場合はもう1つ持ってきてもらうことが出来ます。写真のように設置しても良いですし、ベッドの足元部分への設置でもOKです。

今回は1つのベッドを壁に寄せてもらいましたが、少し調べてみると2つのベッドをくっつけることもできるよう。また、18か月未満のお子様がいる場合はベビーベッドの設置もお願いできます。今回は未だ次女が寝返り前なのでお願いしませんでしたが、寝返りをする月齢のお子様の場合はお願いしても良いかも。柵を上げ下げして使うタイプなので、ベッドとくっつけることはできません。お子様の寝相によっては落ちた時のダメージが少ないトランドルベッドを使用するのもおすすめです。就寝スタイルに合わせて確認してみてくださいね。

 

踏み台はクローゼットの中に

 

洗面台は2歳の長女には高め、ベッドに上るのも一苦労。

ということで一役買ったのが踏み台です。

 

あったら便利な踏み台はクローゼットの中に隠れていますので、子連れの方は要チェック。

かなり重さがあるので、大人が動かすのが良さそうです。

 

その他用意されているもの

 

その他おむつ袋や、トイトレ中のお子様のための補助便座、おねしょパッド等もお願いすれば用意してもらえるそう!

子連れでも安心して宿泊することが出来ますね。

 

 

スポンサードリンク

夏場は絶対入りたい★ホテルのプールは子連れにおすすめ!

 

今回、楽しみにしていたのがホテル内にあるプール「パームガーデン・プール」

屋外にあり夏場のみの営業(2018年は7/7~8/31)で、宿泊者のみ利用が可能です。

 

【利用時間】8:00~18:00(連泊ゲスト)

  • 当日チェックインゲスト 12:00~18:00
  • 当日チェックアウトゲスト 8:00~12:00

 

タオルは用意されているので、水着だけを持っていけばOK!

子ども用の腕につける浮きも貸してもらえます。ただ、オムツがはずれていない子どもの利用はできません。

 

次女はプールサイドの屋根のあるスペースで待機(テーブル・イスも用意されています。暑い時期なので熱中症に注意!)。

我が家の他にも何組か、プールサイドで待っている0歳児をつれた家族がいました。

 

プールは手前の広いエリアが浅く、奥にある25mプールが深くなっています。

手前のプールは身長約90cmの娘の場合、浅いところで胸下、深いところで肩くらいまで。

奥のプールはかなり深く、身長153cmの私がぎりぎり足が届くくらいです。

 

嬉しいポイントはほどよい広さがあり、お客さんも多すぎない、ということ。

しかも多くはファミリーでの利用。かなり安心して利用することが出来、今回が本格プールデビューになる長女にもぴったりでした。

 

長女はプールの中で歩いてみたり、浮かんでみたりとかなり楽しみ、最終的にはプールから上がりたがらず・・・。ま

たプールのためにホテルに泊まりたい!と思う程、子連れには居心地がよかったです♡

 

プールから上がって着替えた後はアンバサダーラウンジで一休み。

チェックアウトまでのんびりさせてもらいました。

 

 

宿泊だけでも十分楽しめるホテル♡

 

今回は宿泊のみの利用でしたが、泊まるだけでも十分に楽しかった~!

特にミニーマウスルームということで、娘と私のテンションもあがり、より楽しめたと思います。

家につく頃に娘は「もう一回ミニーちゃんのお部屋に行きたい・・・」とシクシク泣き出す始末(汗)

1週間たった今も、「また行こうね」と言っているので行って良かったなあ、と思います。

 

子どもができるまでは、ディズニーホテルはシーの様子が見えるミラコスタ一択!と思っていたのですが、いやいや、アンバサダーホテルもとっても素敵な宿泊になりました。

子連れになると楽しみ方も変わってきますし、何より子どもが楽しんでくれるのが一番ですよね(親である私もかなり楽しんでいますが・・・。)。

パークと併せて利用するのはもちろん、近郊の方は宿泊だけでも楽しんでみてはいかがでしょうか!?

 

みなみでした:)

 

子どもと楽しむ! 東京ディズニーリゾート 2019‐2020 (My Tokyo Disney Resort)

子どもと楽しむ! 東京ディズニーリゾート 2019‐2020 (My Tokyo Disney Resort)

1,320円(11/20 21:55時点)
発売日: 2019/04/22
Amazonの情報を掲載しています